ロゴ

西宮でナンパ

ナンパ


「先生、お久しぶりです」

西宮で出張治療を終えた帰りのことです。私は駅近くの商店街で若い女子に声をかけられました。

一瞬誰だかわかりませんでした。でも、すぐにその相手を思いだしました。

彼女は三年ほど前、股関節を痛めて私の治療院に通ってきていた患者さんでした。その当時、彼女は女子高の体操選手でした。その後に神戸から西宮へと引っ越し、いまではとっても綺麗な女子大生に変わっていたのです。


ナンパの写真


「いまも体操やっているの?」

私たちは近くの居酒屋にはいって旧交をあたためました。

「もう運動はしていません。大学に入ってからやっているのはコンパばっかり」

彼女は明るく笑っていいました。私は心の中で「コンパばっかりやって、ついでにセックスばっかりしてるんだろうな」と思いました。

「股関節の調子はどう?」

「時々ですけど、脚を広げたときとか、鈍痛があります」

そうか、オマンコするとき痛むのか、と私は思いました。

「ちょっと診てあげようか」

「え?どこで?」

私はとっさにウソをつきました。

「僕、すぐ近くのビジホに泊まっているんだ」


愛人の画像


私の下心を知ってか知らずか、彼女は私とビジネスホテルに同行しました。

「ちょっと股関節がずれちゃってるなあ」

私は「関節を入れる」と称して、彼女の股を限界まで開き、恥丘のあたりを揉みました。彼女は顔を真っ赤にしながら必死に喘ぎ声をこらえています。

もちろんその後は「関節を入れる」のではなく、「チンコを入れる」ことになりました。


>> 次時の記事:セックスレスの主婦とセックス



>> 管理人の最近のハメ撮り写真(鮮明な画質です)

Copyright © 兵庫風俗@神戸デリヘルマスター All Rights Reserved.